札幌ラーメンガイドの街歩き

札幌シティガイドが街歩きしながらラーメンを食べ歩きします
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

平岸ゴールデン街の「東山」さんで

1周年祭開催で、本日まで醤油麺¥500でした、ラッキー!

DVC00012_ed_ed.jpg

醤油麺 通常¥650→¥500

スープは、鶏と魚介のあっさり、コクのある一杯です。
今日は魚出汁が効いています。
麺は、細麺ストレート、この麺あってのおいしさです。
具材は、チャーシュー、細切りメンマ、茹で玉子。
ご馳走さまでした。

JUGEMテーマ:ラーメン


続きを読む >>
豊平区 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) |

「高橋」さんで辛つけ1.5玉をいただきましが

やっぱり2玉にすればよかったとまたもや後悔するのでした。

091013_175926_ed_ed.jpg

辛つけ(中)1.5玉・冷盛 ¥750

つけダレは、この時間は煮干が利いています。
辛さがこの煮干を包み込んでくれるので、
辛さの後に旨みが口の中に広がります。
麺は、太麺が水で〆られ歯応えが溜まりません。
具材は、つけダレの中に幅広メンマとチャーシュー。
ホントに旨いなぁーといつもの如く思うのでした。
ご馳走さまでした。

JUGEMテーマ:ラーメン
続きを読む >>
豊平区 | permalink | comments(2) | trackbacks(1) |

「eiji」さんで、またまた限定のソルトンを

昼前なのに満席、人気のほどが伺えます。でもでもソルトンは・・・

091008_114543_ed_ed.jpg

アリオからスタートです。
午前11時、この時間ならば久しぶりに「佳」さんの濃厚スープを味わえるかと、南に向かいます。
豊平川を越え、右方向にクイクイッと向かえば36線に出ます。
後は水源地通に向かえば、こっちのもんです。
もう食べた気でいます。。。。

んがっ、「スープ不良につき、しばらくの間お休みします」との貼紙・・・。
しばらくの間ですか・・・。
それじゃ仕方がありません、いつものルートで平岸に向かいます。
平岸街道のクリーニング屋さんの裏手にこちらのお店の駐車場があります。
なんと一台も停まっていません。
これはラッキーなのか、それとも臨時休業????

気持ち早歩きで店に向かいます。
店は開いています、んがっ、満席です。
と思ったら入れ違いで着席できました。
今日もスムーズインです。

おっ、これが噂の新兵器ですか!
券売機とも言います。
左下のボタンをポチッと押します。
オネイサンに券を渡します。
「新兵器導入ですね?」と愛想を振りまくと、
「もうひとつ新兵器があります」と指を指す先には・・・、
なんとそこには・・・、食洗機です。
世の中、機械化の時代に入ったようです。
わたくし、昭和の人間です。

そんなこんなで、ソルトン(¥750)をいただきました。
スープは、とんこつ、まったり、舌を包み込むようなネッパリ感が堪りません。
麺は、細麺でお願いしました。
細麺にすると、あ、ラーメンだという気になりました。
細麺の方が麺を救い上げるんですね。
具材は、チャーシュー、メンマ、葱。
美味いですね〜、ご馳走さまでした。

次から次へとお客さんが入ってきます。
待ちはほぼなし、理想的な回転です。
券売機と食洗機が戦力になっています。
それにしてもソルトンを頼むお客さんがいません。
やはり魚介系が加わったほうがよいのでしょうか。
濃厚魚介系豚骨スープのお店ですから、当たり前ですが・・・。

そうだ、らー共が変わったんでした。
「あらとん」さん・「びうか」さん・「次郎長さん」・「初代」さん
が卒業しました。
そしてあの「なんつッ亭」さん、「Shin.」さんが登場です。
「あじさい」さん「山桃桜」さんも復活です。

んー、いつ行こうか・・・。

JUGEMテーマ:ラーメン
豊平区 | permalink | comments(2) | trackbacks(1) |

「彩未」さん、おいしい味噌狙いで

このところ正油や塩に気持ちが傾きますが、やはり夜は味噌です。

091001_181704_ed_ed.jpg

豊平橋です。
今日は何処へ・・・。
36線を南へ南へと走ります。
行く所まで行くと「マルニ」さんになります。
念のため水源地通り方向に右折してみましたが、
午後6時の時点で開店の様子はありません。
真っ暗です。
「佳」さんです。
諦めます。

そのままつき抜け月寒神社の横を通り、
坂を下って進むと次はこちらのお店です。
万が一駐車場がいっぱいだったら、
そのまま進み「eiji」さん「東山」さんという手もあります。
シミュレーションは万全です。
ん、店前が暗い、駐車場も空いている・・・、もしかして・・・。
嫌な予感は・・・、当たりませんでした。

スムーズインです。
なぜか一席置きに座っているので、両隣が食べている間に座ります。
気まずいです、この席は。
腕を組んだり、道場六三郎のサインを見たり、主の背中を見ても時間は過ぎません。
左の方、ライス投入です。
あ、やっと・・・。

そんなこんなで、味噌(¥700)をいただきました。
スープは、やはり夜は濃いめ、しょっぱめです。
狙い通りでした。
麺は森住、これが美味い、寝かせでしょうか、茹ででしょうか、とにかくジャストマッチです。
具材は、もやし炒め、チャーシュー、細切れチャーシュー、メンマ。
満足過ぎる一杯でした。
ご馳走さまでした。

YSHEY、ゴールデンルートとなりそうです。

JUGEMテーマ:ラーメン
 
豊平区 | permalink | comments(2) | trackbacks(1) |

「山嵐」さんで白を細麺で

丁寧に作られた一杯は、オーナーをも凌ぐ一杯になるかもしれません。

090929_174050_ed_ed.jpg

北区、札幌駅の裏です。
さてどこで今日の一杯を仕留めましうか。
午後5時半、家路につく人も出てくる時間帯です。
これから一杯というサラリーマンのグループもいます。
自分もこらから一杯やっつけに向かうのです。

さてどうしましょうか。
とりあえず平岸まで行ってみるか、と創成川通を南に向かいます。
「東山」さんが開店してから、とりあえず平岸へ行ってそれから考えるという選択肢が一つ増えました。
今日は2ヶ月ぶりにこちらのお店に・・・。
混んでたらそのときはそのときだ、と思ったときには堤防を南に走っています。

環状通りを左に曲がり、丘の上に差し掛かるとこちらのお店があります。
駐車場には一台、願ってもないチャンスです。
ドアを開けると店内には二組、カウンターに隙間があります。
券売機の左上のボタンを押します。
そして振り返り「細麺で」と券を渡します。
無駄のない動きです。

そんなこんなで、白・細麺(¥750)をいただきました。
スープはとんこつ、上品な背脂が麺を覆います。
麺は細麺、歯応えを残した湯で加減がたまりません。
具材は、チャーシュー、キャベツ、きくらげ、玉葱と小葱。
きれいに並べられています。
最後の一滴までいただきました。
ご馳走さまでした。

若き店長によって作られた一杯、丁寧に作られた一杯でもありました。
基本的な味に変わりはありませんが、なぜか食べやすいと感じてしまう一杯です。
それにしてもこの脂、甘みを感じます。
スープと麺と具材とで完成された一杯です。

暴麺、こちらでも販売していました。
「eiji」さん「Fuji屋」さんとこちらのお店のコラボです。
ポタージュのようなスープの味噌味に、太麺のつけ麺のようです。
製造はさがみ屋さんです。
ガラムマサラも入っているんだ・・・、2食で¥980です。

平岸は琴似とは違ったラーメンの楽しみ方ができる街です。
札幌に住んでいてよかったと思うのでした。

あ、暴麺、買ってくるの忘れた・・・。

JUGEMテーマ:ラーメン
豊平区 | permalink | comments(5) | trackbacks(1) |

「常」さんのラーメンがワンコインで

ラヲタも、ラーメンファンも、たんなる喰いしん坊さんも、必食の一杯です。

joe

本日は頼まれもしないのに宣伝です。
羊ヶ丘展望台の入り口にあるお店です。

ワンコインです。
ワンコインのお店は他にもあります。
最初からワンコインのお店と違うのは、はっきり言ってこれは値下げです。
今までは¥650で、質も量も変わらず¥500です。
値上げが目立つラーメン店が多い中、大胆に値下げしたのはこちらのお店だけではないでしょうか。

伏見麺蔵は「ふしみ」さんになり、「こぶし」さんとこちらのお店が姉妹店となります。
味は微妙に違うのですが、やはり麺蔵系は豚骨スープの味噌が好きです。
トッピングが無料で選択できるのは、「こぶし」さんが開店したころと似たシステムです。
マー油、背脂、ちょい辛、豚骨スープと鶏スープの選択ができます。

そんなこんなで、味噌+マー油(¥500)をいただきました。
スープは豚骨の飽きのこないスープです。
そこに黒いマー油がかかると深みのある一杯へと変わります。
麺は森住、シコプリの麺です。
味噌ラーメンにこの麺はサッポロラーメンの王道です。
具材は肩とバラの二種のチャーシュー、メンマ、炒めもやし、木耳。
価格も相まって殊更おいしく感じました。
ご馳走さまでした。

商売ですから儲けなきゃ話になりません。
赤字覚悟かどうかはわかりませんが、少なくとも以前より儲かりはしないでしょう。
だったらたくさんの方に食べていただくしかありません。
商売ですから味も量もオペレーションも原価も大切です。
ですが、商売をする気持ちが一番大切だと思うのです。

味が好きとかそうでないかではなく、
こちらの主の心意気を感じて食べて欲しい一杯です。

頼まれもしないのに宣伝してしまいました。
よろしくお願いします。

豊平区 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) |

「東山」さんで今度は塩麺を

スープと麺を味わうなら塩が一番です。どんな仕上がりでしょうか?

090915_183353_ed_ed.jpg

札幌駅裏から石狩街道に出て、創成川トンネルを抜け豊平川を渡り、堤防を走って中の島を通り丘を登ると地下鉄平岸駅界隈です。
その昔、この近くに週に一度、仕事で来ていました。
趣きは変われど賑わいは変わりません。
東急前のタクシーの渋滞は今も昔も同じです。

地下鉄平岸駅直結の平岸ゴールデン街ができてから一年が経ちます。
立ち喰い鮨の喰兵衛さんは琴似店同様、小腹を満たすのに利用させていただいています。
なんせワンコインで鮨が喰えるのですから。
地下に屋台風のお店が十数軒、飲食店が中心ですが、なんでもありです。
一時、屋台団地としてあちこちにできましたが、こちらはその地下版です。
なんといっても地下鉄直結というのが、雪国にとっては嬉しいところです。

で、今日は「eiji」さんにするか、「山嵐」さんにするか迷ったのですが、
こちらの塩を確かめたくてやってきました。
あと、「和蘭陀屋」さんにも久しく行ってないし、もうちょっと行って「彩未」さんにも行きたい所です。
「楽ちん」さんという手もありますが、やはり今日はこちらのお店にしました。
東急の向かいの2番出入口の階段を下りていくと、すぐにこちらのお店があります。

そんなこんなで、塩麺(¥650)をいただきました。
スープは、すっきりしているのですがコクが残る味わいです。
ゴマ油が香るのが好き嫌いが分かれるかもしれません。
目の前のブラックペッパーを少しかけると程よい味と香りになります。
麺は細麺、今日はいい茹で加減で旨いですねぇ。
具材は、チャーシューとメンマ、白髪葱と小葱。
全ツユ完食、ご馳走さまでした。

誰もいなかったので、食後に主と二言三言。
営業時間が平日21自迄、日祝15時迄になったのは、スープ切れになっちゃうんですかー。
当初の計画よりうまくいってるってことですかねぇー、よかったですねー。
え、そーなんですかー、旨いですよー、ホントニ。
また来ます。

と店を後にしたのでした。

平岸駅界隈、平岸駅ゴールデン街、じっくり街歩きしてみたくなりました。
オヤ、黒ホッピーがここにも。

豊平区 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) |

平岸ゴールデン街の新店「東山」さんへ

能書きなど要らない、食べてみれば分る旨いお店の登場です!

東山

軽〜く匂わして、誰かに斥候に行って貰おうという作戦でした。
そしたら、この方、御大自ら斥候に出て行っちゃいました。
その上、旨いという話ですから、今度は先を越された感に変わってしまいました。
新店を訪問するときは、できるだけ先入観を入れずに訪問するようにしています。
なのに、なのに、旨いと聞いてしまったら、そりゃもう駆けつけるしかありません。

今日は打ち合わせが早めに終わりました。
次の打ち合わせまでに30分の余裕ができました。
スキあらばラーメンです。

地下鉄平岸駅に直結する平岸ゴールデン街に直行です。
車は近くの駐車場に放り投げておきます。
階段を下りると、こりゃまた壁に張り付くような狭いお店です。
新店は小さく始めるのが王道です。
オニヒゲよりは広いが、イセノジョウよりは狭い、という広さです。
主の体がデカイので店が狭く感じるのでしょうか。

そんなこんなで、醤油(¥650)をお願いしました。
スープは、旨みのあるしっかりした味わいのあるスープです。
醤油ダレが生醤油の味がして、「菜々兵衛」さんを思わせます。
麺は、ストレートの細麺、こちらは「千太」さんを思わせます。
具材は、チャーシュー、メンマ、茹で玉子、白髪葱と小葱。
旨いです、この辺りにはない味ですねー。
ご馳走さまでした。

旨いな、何が旨いんだ?、とスープや麺を確かめつつ食べているうちに、全ツユ完食です。
時間があれば、久しぶりにもう一杯いきたいところでした。
「スープが若いのでちょっとお時間ください」と言ってもこの味なんですよね。
こりゃ夜のスープが楽しみです。
麺は、お湯が新しいときに、短時間で茹であげて食べてみたいですね。

きっときっと、まだまだ変わっていくお店だと思います。
今度は夜にビールを飲みに来てみたいもんです。
ゴールデン街も地上の古い飲み屋街も・・・、楽しみが増えつつある平岸駅界隈です。

あの主、どこかでお会いしたような・・・。
いやそんなわけはないですよね。

きっと、あの笑顔の所為でしょう!

豊平区 | permalink | comments(5) | trackbacks(0) |

「高橋」さんでおさかな醤油に

煮干味の濃厚なスープに小葱が合うのです、その上に・・・。

090908_193944_ed_ed.jpg

先週の金曜日の夜に「菜々兵衛」さんにフラレました。
一昨日、月曜日の夜にも「菜々兵衛」さんにフラレました。
「来客数の急増により夜の営業がままならなくなっております」と貼紙がしてあります。
主らしいです、憎めません。

で、一昨日は深夜に家ラーで遣り切れない気持ちを抑えました。
今日は遣り切れない気持ちを埋めるべく、濃いのを体が欲しています。
向かうは月寒東、夜の7時には暗くなってしまう晩夏、初秋の札幌です。
この暗がりの中、初めての方は辿り着くことができるのでしょうか。
36線沿いの「焼肉・毘」さんを左折します。
行き過ぎると「パンダ」さんがあるので、そのときは引き返してください。

駐車場でないところに駐車し、お店に向かいます。
アレッ、この時間で待ちです。
待ち席が増え、店の奥まで並んでいます。
このご時世、繁盛するのは良いことです。
不況のときにラーメン屋は儲かる、などと某雑誌に書かれていましたが、そんなことはありません。
旨いから儲かるのです。
なんでもかんでも世の中の所為にしてはいけません。

そんなこんなで、おさかな醤油(¥700)をいただきました。
スープは、期待通りの煮干味で濃〜いのです。
麺は、中太麺よりも太麺、スープに負けていません。
具材は、チャーシュー、平メンマ、いっぱいの小葱。
この小葱がスープに合うのです。
ご馳走さまでした。

で、スープと麺の感触を確かめたあとに、やってみたいことがあったのです。
目の前の唐辛子で「侘助」さんのカレーつけ麺の如く紅くします。
小葱の上にかかった唐辛子の色合いは・・・、美しい!
そして味はと言うと、ピリ辛のちょっと手前ぐらいです。
このスープ、ちょっとやそっとのことで負けません。
魔法の粉もいいですが、唐辛子もいいもんです。
ただ、良い子は真似してはいけません。

満席のため、主とお話しすることもせずにお店を後にします。
次に向かったのは清田です。
そうビッグリッキーです。
「よなよな」、なんじゃそれっ?、というわけです。

な、なんと・・・、ウ、売り切れです。

どうやら、ラーメンの神様だけでなく、ビールの神様にも見放されつつあるようです。
心配しなくても大丈夫、しっかり神様にしがみついていきますから。

豊平区 | permalink | comments(2) | trackbacks(1) |

「eiji」さんで復活したソルトンを

やっと復活したソルトンをズルズルッと味わいながらほくそ笑むのです。

090903_195639_ed_ed.jpg

今夜はどこにしよう、この時間なら「菜々兵衛」さんはまだ間に合うかと思い、
北郷通りを川下に向かいます。
道銀のところを左折すると、アラッ暗い・・・、ちょうど暖簾を仕舞い終わったところでした。
残念・・・、こんなこともあろうかと心の準備はできています。
平岸へ向かいます。

無駄だと分かっても「佳」さんの前を通ります。
やっぱり無駄でした。
月寒公園の横の坂を下りて、「清ちゃん」の前を通り、さて「山嵐」さんにするか、
こちらのお店にするか迷います。
平岸街道の信号が赤に変わり、右折の矢印が出たので、こちらのお店に向かいます。
今日はまだ開いています。

駐車場に車を置き、徒歩一分、随分と便利になりました。
暖簾を潜り、「まだある?」と訊きます。
「ソルトンですね、ありますよ」との答え、来た甲斐があります。
この日を待っていました。
確かに張り紙に「復活しました」の文字が書かれています。

そんなこんなで、ソルトン(¥750)をいただきました。
スープは豚骨のみの濃厚な味、塩分控えめがラーメンスープ以上の味を引き出しています。
麺は太麺と煮干ソバで使っていた細麺を選べるようですが、今日は太麺です。
やはり濃厚なスープには太麺が合います。
と言いつつ、細麺でも喰ってみたいのですが・・・。
具材は、チャーシュー、メンマ、葱が二種。
脂っこくなく豚骨の味が浸み入る一杯です。
ご馳走さまでした。

主と二言三言。
えぇぇぇ・・・っ、そーですかー、それは楽しみです。
いつから?、あーっ、まだ先の話ですねー。
近くなったらまた教えてください。
そのうち店内に貼られると思いますので、お楽しみに。

そのうち平岸に飲みに来るかな、平岸ゴールデン街狙いか?
そういえば8/27にラーメン店が開業、「東山」さんだっけ。
チェックチェック!

JUGEMテーマ:ラーメン
 
豊平区 | permalink | comments(4) | trackbacks(1) |