札幌ラーメンガイドの街歩き

札幌シティガイドが街歩きしながらラーメンを食べ歩きします
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

「火の国」さんでとんこつを

九州ラーメン北海道バージョンは健康を意識した一杯です。

090629_190649_ed_ed.jpg

昨日のマルタイこともあり、九州ラーメンを食べたくなったのです。
九州ラーメンといえば、「一風堂」さん、「ばりきや」さん、「櫻島」さんがお馴染みです。
こちらのお店、地元では学生さんを中心に人気のあるお店です。
店名から想像できるように九州ラーメンなのですが、麺は旭川の佐藤製麺です。
ということは、白濁豚骨スープの旭川ラーメン、初期の「五丈原」さんをイメージしていただくとよいでしょう。

下手稲通りをひたすら走り、「味の時計台」さんのある手稲石狩通りの交差点を右に曲がります。
左手に手稲郵便局が見えてきたら、通りの反対側の右手にあります。
駐車場は店前とちょっと離れたところもあります。

暖簾を潜り、貸切の店内でメニューを選びます。
塩と正油には白と黒、それにこってりが加わります。
あちこちに食材の説明、メニューの説明、調味料の説明が書かれています。
全部読むとオーダーまでに暫くかかるので、記憶をたどってお願いします。

こってり塩の白(¥750)をいただきました。
スープは、豚骨白濁、脂が薄っすら覆います。
麺は、硬めの中細ストレート麺、九州の極細麺とは異なります。
スープを中心に組み立てられた一杯です。
具材は、チャーシュー、きくらげ、高菜、煮玉子、海苔、それにネギとゴマ。
テーブルには紅生姜や揚げニンニクもおいてあります。
これはこれで好きな一杯です。

美味いんです。
でも九州ラーメンでも札幌ラーメンでも旭川ラーメンでもありません。
九州ラーメン北海道バージョンです。
きっと九州で美味いサッポロラーメンを食べたときには、同じことを思うのでしょうね。

こってりじゃない醤油の黒も好きです。
最初は味噌を食べたと思いたくなってきた。うのですが、味は記憶の彼方です。
これで麺がマッチングしてくれたら、もっと好きな一杯になるのですが。
ちなみに替え玉(要2分)も〆飯もあります。

んー、煮干が喰いたくなってきた。

手稲区 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://srg-aruki.jugem.jp/trackback/63
この記事に対するトラックバック