札幌ラーメンガイドの街歩き

札幌シティガイドが街歩きしながらラーメンを食べ歩きします
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

「佳」さんで待望のつけ麺を

太麺に濃厚なつけダレ、満を持しての登場です。

090624_184433_ed_ed.jpg

夏です。
この暑さゆえ、気分はツルツルッと入っていく麺が食べたくなったのです。
一昨年あたりまでは、こんな日には蕎麦を食べていました。
昨年あたりから、蕎麦ではなくつけ麺に転向したのです。
今年は、はなっからつけ麺です。
ですが、夜まで待ちます。

こちらのお店、夜しかつけ麺を提供していないのです。

今日は羊ヶ丘通りから水源地通りに入り、順調にお店まで進み到着しました。
なんと駐車場には一台も止まっていません。
が、暖簾も出ていません。
アレッ・・・、開店時刻を間違えました。
仕方がありません、車で待ちます。

5分前になると、何処からともなく車がやってきて、駐車場はこっちもあっちもいっぱいになりました。
2分前になると店前に並び始めます。
ここで遅れては待った意味がありません、慌てて車から出ます。
並ぶこと5番目、カウンターは7席ですから、ま、ヨシとしましょう。

カウンターは直ぐに埋まり、後から来たお客さんが待ちに入ります。
立ち待ち寸前です。
オーダーは、ラーメンとつけ麺が半々、少なくとも半数はリピーターですね。
やはり根強いファンと言うか、中毒患者と言うか、この味に魅せられる客は多いようです。

そんなこんなで、つけ麺(¥750)をいただきました。
つけダレは、いつものスープに濃い目の味付けです。
麺は、太麺、もちろん自家製麺です。
この麺、ツルツルっとしているのに、歯応えもあり、美味い麺です。
麺だけで食べると、小麦の味がわかります。
こりゃ美味い麺です。
具材は、つけダレの中にいつものチャーシューとメンマ、麺の上に海苔。
鰹出汁の割りスープをポットから注ぎ、完飲です。
ご馳走さまでした。

つけ麺の宿命として、麺が冷たいと熱いつけダレが温くなり、最初の旨さが落ちていきます。
こちらの麺が旨いだけに、途中からのつけダレの温さが残念でした。
あつもりには向いていない麺ですから、つけダレの熱さがポイントになりそうです。
ただそれを差し引いても、あの濃厚なスープにあの麺は美味かったなぁー!

麺に限りがあるようなので、閉店間際は売切れ御免のようです。
土日は日中も提供しているようですので、並ぶ覚悟で訪ねてみてはどうでしょうか。

んー、今年はつけ麺、喰ってるなー。


豊平区 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

つけ汁に濃厚さを求めて行くと
肩透かしを食わされますが、
麺はさすがにうまいです。
エラーの点滅する冷蔵庫といい
課題の多い店です。
stc | 2009/06/25 7:02 AM
stcさん
つけダレは「真」さんの初期の頃のような感じを受けました。
麺は美味いですねー、生卵をかけて醤油をぶっかけて喰ってみたいです。
まはろ | 2009/06/25 2:02 PM
「あつもり」を注文すると良いと思います。
ネコ様 | 2009/10/21 10:09 PM
ネコさん

了解!
まはろ | 2009/10/22 9:06 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://srg-aruki.jugem.jp/trackback/58
この記事に対するトラックバック