札幌ラーメンガイドの街歩き

札幌シティガイドが街歩きしながらラーメンを食べ歩きします
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

札幌ラーメンガイド 塩編

2009年、今年印象に残った塩ラーメンです。

正油ラーメン同様、今年はいつもの年よりも塩味を食べました。
塩はスープの味自体がわかると言われますが、スープだけではなく麺の味も具材の味もわかるのです。
また、単に塩と謂っても、塩の種類や塩ダレの作り方でシンプルといわずコクのあるスープになるのです。
そんなことに気づけたのも、スープの質がバリエーションに富んできたからに違いありません。
清湯と白湯に分けますが、見た目だけの話です。
スープの作り方では分けていないので悪しからず。

◆塩・清湯編

千太 塩ラーメン ¥650
何はなくとも塩といえばこの一杯です。
鶏と煮干の昔ながらのあっさりしたやさしい味と表しましたが、こくのある奥深いスープでもあるのです。
このスープに合わせたかのような極細麺、水菜と葱の風味、塩の美味さを教えてくれた一杯です。

091222_112057_ed.jpg

凡の風 塩ラーメン ¥700
こちらのお店はスープのバランスが上手い、だから美味いのです。
鶏と豚と野菜と魚介、そして脂のバランスが自分の好みにピッタリなのです。
塩でありながら豊かな味わいと満足感を得られる一杯なのでした。

091005_174447_ed_ed.jpg

菜々兵衛 塩ラーメン ¥650
鶏スープのおいしいお店です。
こちらの塩が印象に残っているのは、スープの美味さもそうですが、やはり麺の美味さです。
麺そのものの美味さが光る一杯です。

090711_124232_ed_ed.jpg


◆塩・白湯編

eiji ソルトン ¥750
豚スープのみの濃厚な味わい、脂でギトギトすることもなく豚の旨みを堪能できます。
豚の臭みと旨さをギリギリのところで生かしたスープは秀逸です。
煮干ラーメン同様、素材の旨さを引き出す腕は流石の一杯です。

091008_114543_ed_ed.jpg

菜々兵衛 特濃鶏白湯 ¥750
清湯で麺を取り上げたこちらのお店、鶏白湯もあります。
そして運がよければ限定の特濃白湯をいただくこともできます。
こちらの麺は清湯とは異なるのですが、やはり特徴はこのトロトロの濃いスープに尽きます。
同じ鶏スープでもここまで違うのかと唸らせてくれる一杯です。

091025_110153_ed_ed.jpg


塩ラーメンは他にも印象に残る一杯がありました。
ただ一度しか食べていないので、今回はご紹介しませんでした。
2回以上食べて印象に残れば、来年の今頃にご紹介させていただきます。

JUGEMテーマ:ラーメン
 
2009年印象に残った一杯 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

迷います(笑)
OKラー | 2009/12/27 11:53 AM
自分も毎日悩んでいます。
きっと煩悩が多過ぎるのです(爆。
まはろ | 2009/12/27 10:09 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://srg-aruki.jugem.jp/trackback/235
この記事に対するトラックバック