札幌ラーメンガイドの街歩き

札幌シティガイドが街歩きしながらラーメンを食べ歩きします
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

「まるは」さんで激辛味噌を食べれば

舌の刺激とは裏腹に、汗と鼻水が止まらないほどの辛さなのです。

091223_175853.jpg

限定・激辛味噌 ¥750

スープは、オーソドックスなスープと思われますが、刺激的な辛さが舌を刺します。
スープの色は普通の味噌のようにさえも見えますので、この辛さの正体がわかりません。
麺は縮れ麺です。啜り上げるときにも咽るような辛さではないのです。
具材は、挽肉もやし炒め、チャーシュー、メンマ。
今日はこの辛さに負けました。
ご馳走さまでした。

天皇誕生日です。
天皇誕生日といえば4月29日と摺り込まれてしまっている自分は、未だにこの季節の天皇誕生日はしっくりきません。
もう20年も経つというのにこの有り様です。
所詮昭和の頑固者、昭和の意気地なしです。

とはいえ、今上天皇の誕生日のお祝いの一杯はどちらでいただこうかと考えるのでした。
なに、今年22回目の訪問をしている方がいらっしゃいます。
自分なんか4回目です。
なかなか難しい位置にあるのです、こちらのお店。

平岸から回れば「山嵐」さん、「eiji」さんが行く手を阻み、美園から回れば「彩未」さんが行く手を塞ぎます。
月怎から回れば「佳」さんが行く手にあり、澄川から回れば「ひなた」さん、「シン」さんがあります。
たまに北広島方面からの帰り道には「高橋」さん、「マルニ」さん、「花まる」さんが強固な守備をしているのです。
残るは真駒内方面から攻めるしかないのですが、かなりの遠回りになってしまいます。

ここのところ平岸・美園の各店を攻め落とし、月寒西のお店が休みとなれば、忙中閑ありで西岡に攻め込むのでした。
とかなんとか、しばらくぶりの訪問です。
ボケた頭に喝を入れるべく、激辛味噌にチャレンジしにやってきました。

供された一杯は、辛いです。
この辛さ、スープでまろやかになることもなく、舌の上を耕すかのような刺激です。
食べた直後の辛さはそれほどでもないのですが、三口目から頭に汗、鼻水が出てきます。
ここで咽てはチャレンジャーとしては失格ですから、主と目を合わせないようにしてひたすら口に運びます。

麺をやっつけ、スープに入ったところで、額から鼻筋に汗がしたたり、眼にも汗が入ってきます。
それほど辛さに弱いわけでもありませんが、こんなに汗と鼻水が出たのは久しぶりです。
スープがあと残り1センチのところで、フーッと溜息をついてしまいました。
顔を上げると、主がしてやったりの顔をしています。

参りました。
完飲できずです。
汗を拭きながら主と二言三言。
辛さの正体はハバネロだとか。
主と話している間も、頭から顔から首から背中まで汗が吹き出ます。
もっと辛いのも好きな方がいらっしゃるかもしれませんが、自分の限界を感じたのでした。

再チャレンジ・・・、いや止めておきましょう。
命あってのラーメンですから。

JUGEMテーマ:ラーメン

 

豊平区 | permalink | comments(2) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

まはろさんも相当なマ○ですな(笑)スイマセン…
今日は北12の虎鉄さんに攻め込みました。
豚そばのチューニングは…
ネギ多め・麺硬め・キャベツ多め…にしました。
OKラー | 2009/12/23 11:30 PM
OKラーさん

ハイ、かなりの・・・。
マ○とチャレンジャーは紙一重ですから。
まはろ | 2009/12/24 11:06 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://srg-aruki.jugem.jp/trackback/232
この記事に対するトラックバック
鰹出汁を使った中華そばと、鶏がら・豚骨のラーメンの二種類が味わえます。 こちらのお店のスープは三種類、鰹出汁を中心にした魚介スープ、鶏がらスープ、豚骨スープがあり、これをブレンドして味を決めます。 中華そばは三つのスープを合わせたトリプルスープ
麺処 まるは | 札幌ラーメンガイドのお気に入り | 2009/12/23 9:51 PM