札幌ラーメンガイドの街歩き

札幌シティガイドが街歩きしながらラーメンを食べ歩きします
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

「eiji」さんで辛いのを食べれば・・・

これは思いのほか辛くて油断をすると咽そうになるところ堪えましたが・・

091221_184935.jpg

辛いらーめん ¥650

スープは、まず辛い、そして後から来る旨みは・・・煮干です。
麺は中太麺、この麺を啜ろうとすると辛味が一気に鼻に抜けます。
具材は、チャーシュー、メンマ、キャベツ、ジュレ、小葱に長葱が載ります。
ジュレがスープと混ざり合い魚感が出るところがまた憎いのです。
これは辛さがストレートで旨い、お気に入りがまた増えました。
ご馳走さまでした。

ようやく12月らしくなった雪景色の札幌です。
毎年クリスマスはホワイトクリスマスになると決まっているのです。
たとえそれが大雪であろうと、ロマンチックな気分になるのは北国の特権です。
クリスマスなんて関係ない、とは言ってもこの特権を放棄することはないのです。
雪を味方にすれば楽しいもんです。

午後5時半、創成川沿いをまたまた走っています。
信号が変わっても信号を渡り切るまで車が進みません。
いつもより2倍とちょっとかかって平岸街道に辿り着きました。
お店の駐車場は一体どうなってるんだろうと心配しながら裏手に回ります。
ん、普通に除雪してある、こりゃ冬の心配もなくなりました。

お店に入ると前客2名、意外と空いていました。
と、思ったらすぐに満席です。
「そろそろ来るころだと思っていました」と主に言われます。
この台詞、最近あちこちのお店で聞きます。
あ、きっとみんなに言っているのかもしれません。
納得です。

券売機で一番下の右側を押します。
辛いらーめん、辛いつけめん、ソルトンもあります。
全部食べたいところですが、当初の目的の辛いのにします。
トンコツベースの辛さを想定していましたが、見事に裏切られました。
煮干ベースを辛くしたててあります。

この辛いらーめん、啜ると辛さがまともに喉から鼻腔に抜けます
危ないのでスープを先に飲み、口の中を慣らします。
小葱が曲者ですので気をつけなければなりません。
ウッと来ること数回、でも堪えます。
そのうち辛さの後に来る煮干の旨さに惹きつけられます。

その瞬間でした。。。咽ました。無念です。負けました。

ちょっと敗北感を味わいながらリベンジを誓います。
年末の予定をさり気なく聞きます。
29日まで営業で、その後4日間が休みだそうです。

できれば年内にリベンジです。


JUGEMテーマ:ラーメン

 

豊平区 | permalink | comments(2) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

今日チャレンジしてみたいんですが…
並び覚悟になりそうです(^_^;)
OKラー | 2009/12/22 12:24 PM
OKラーさん

健闘を祈ります。
一気に啜ると敗退します。
是非、仇を取って下さい(笑)。
まはろ | 2009/12/22 1:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://srg-aruki.jugem.jp/trackback/230
この記事に対するトラックバック
札幌を代表する豚骨魚介スープのお店です。 平岸街道沿いの間口の狭い、ドアしかないような店構えです。 奥に続くカウンターは、明り取りの窓がないせいもありちょっと暗めの店内です。 ですが、今となってはこの明るさ、この濃い内装の色、この雰囲気が特徴でもあ
麺 e i j i | 札幌ラーメンガイドのお気に入り | 2009/12/21 9:55 PM