札幌ラーメンガイドの街歩き

札幌シティガイドが街歩きしながらラーメンを食べ歩きします
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

「高橋」さんでおさかな醤油オリジンを

おさかな醤油には「濃厚」とライトな「2」がありますが、自分は濃厚派です。

091214_175550.jpg

おさかな醤油(濃厚) ¥750

スープは、煮干が利いた濃厚なスープ、癖になるとはこのスープのことです。
麺は中太麺、スープに負けないしっかりした麺です。
具材は、チャーシュー、メンマ、たっぷりの小葱。
魚出汁好きにとって、少なくとも札幌では無二の美味さです。
ご馳走さまでした。

午後5時半、36線を南に走ります。
36線を南に走るといえば、「佳」さんかこちらおお店です。
今となっては、36線イコールこちらのお店・・・、と言ってはやっぱり言いすぎかもしれません。
お店のある場所は目立ちません。
この時期のこの時間帯、辺りは既に闇に包まれています。

焼肉「毘」さんを左に曲がるとオレンジ色の灯りが目に入ります
目の前の駐車場が空いています。
暖簾を潜り、ドアを押し開けると、見たことある後姿です。
「こんばんは」と一言挨拶をし券売機に向かいます。
挨拶は大事です。

今日は右下のボタンを押します。
カウンターに着き、券を渡します。
カウンターの上には、唐辛子・胡椒・伽哩・大蒜が並んでいます。
今日は試してみようかな・・・とちょっと思います。

供された一杯は、いつもなが期待を裏切らない小葱の量です。
箸で麺を持ち上げ小葱と一緒に口に入れます。
これまた期待を裏切らない、魚の風味たっぷり味わいが口の中に広がります。
ここからは只管啜るのがいつものパターンですが、今夜はちょっと違います。
麺を啜ってはスープを飲み、麺を啜ってはスープを飲み、半分くらいまで減らします。

ここで伽哩をちょっと振りかけてみたかったのです。
伽哩を三振り、オーッ!!、これは伽哩麺になりました。
当たり前ですが、魚味が一気に奥に引っ込みます。
これはこれでいいかも。。。
ただ魚味に飢えてた今夜は、スパイスは無用でした。

食後に主と二言三言。
話題はOBさんの油の話に・・・。
若輩者の自分にはわかりません・・・、これからも・・・。

魚の味わいのする濃厚スープの正油と言えば、やはりこちらのお店をはずすわけにはいきません。
んー、もうちっと近くにあればなー。

JUGEMテーマ:ラーメン

 

豊平区 | permalink | comments(3) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

おさかな正油2…
未だ未知の領域(泣)
ネギダクの素晴らしさも良いんですが…
OKラー | 2009/12/14 11:49 PM
「高橋」さん 最強ですね・・
つけ麺しか食してない私は、
今度はおさかな正油を食べることを誓いました
その小葱の量といい申し分ないです。
でも、つけ麺の魅力に勝てるかどうか???
たんぽぽ | 2009/12/15 8:34 PM
OKラーさん

自分は濃厚派だったと確信しました。
食後の満腹感と満足感はやはり濃厚です。
ただ、吐息もお魚してしまいます。

たんぽぽさん

券売機の右下だけに注目してください。
上を見てはいけません。
そうすれば券売機上部の数ある誘惑に勝てるでしょう。
まはろ | 2009/12/15 9:55 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://srg-aruki.jugem.jp/trackback/221
この記事に対するトラックバック
煮干が効いた濃厚なスープと歯切れの良い麺との組み合わせは悦楽です。 「むぎや」さんが閉店したときは、あの濃いスープはもう食べれないのか、これからが楽しみだったのにと嘆いたものです。 ところが、以前よりも立地的には決して良くはないこの地にお店を開いて
麺屋 高橋 | 札幌ラーメンガイドのお気に入り | 2009/12/14 10:49 PM