札幌ラーメンガイドの街歩き

札幌シティガイドが街歩きしながらラーメンを食べ歩きします
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

「侘助」さんで辛いのを食べれば

麺の上に鎮座する赤唐辛子、今夜はこれもやっつけようとしたが・・・

091207_180844.jpg

つけめん辛いの ¥680

つけダレは、正油ベースに唐辛子を中心にした辛味が加わっています。
この状態だと自分にとってはピリ辛状態です。
麺はいつもの歯応えよし喉越しよしの自家製麺です。
具材は、つけダレの中に角切りチャーシューと太メンマ、そして麺の上に宿敵赤唐辛子。
普通に食べて旨い、唐辛子を一齧りして食べるとこれが旨いが辛い、カラウマです。
ご馳走さまでした。

午後5時半、元町に向かって走ります。
夕食の前のアペリティフです、嘘。
日中に立て続けに見た坦々麺Wabi style所為です。
無性に侘したくなったのです。
道中、何を食べるか考えてきましたが決まりません。

元町生協の駐車場から、明るく光る看板が見えます。
暖簾を潜ってもまだ決まりません。
「んー、なににしようか、決まらない」と主に告げます。
「そんな多いメニューでもないですから」と主に言われます。
確かに多いメニューではないのですが、どれも旨いから迷うのです。
三味から何を選ぶかより迷うのです。

口から出たのは「辛いの」でした。
あの真っ赤な赤唐辛子をやっつけてやろうと思ったのです。
全快いただいたときには、まだ赤唐辛子のないバージョンでした。
この赤唐辛子、タイのピキヌー(ピッキーヌ)という種類だそうです。
視覚的には完璧な配置です。

供された一杯は、自分にとってはピリ辛です。
唐辛子を一齧りしてもそれほど堪えません。
齧っては啜り、啜っては齧って食べましたが、途中から刺すような辛さが舌先を突き抜けます。
これは麺が進みます。
赤唐辛子を半分だけ食べた時点で麺がなくなりました。
今日はこのくらいにしておいてやろう、、、

これを全部食べるSさんはスゴイ。。。
「辛(つら)いの」を誕生させるだけはあります。

食後に主と二言三言、もうちょっと。
今日の話題は、豆腐用、鮒寿司、くさや、ブルーチーズ、パクチー、とかなんとか。
折角旨いもの食べたのに、口の中には変な唾液が出てきたのでした。
ワヤッ・・。


JUGEMテーマ:ラーメン

 

東区 | permalink | comments(3) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

夜侘満喫ですな(b^-゜)
旨味と匂いのコラボは、日本人の魂を揺さぶられます。
OKラー | 2009/12/07 10:59 PM
まほろさん、いつもお世話になっています。

そうですか。ワヤでしたか。
それはどうもすみませんでした(汗;)

早速リンクさせていただきました。
ありがとうございます。
侘さん | 2009/12/08 5:49 AM
OKラーさん

思わず冷酒を飲みたくなるお店でもあるのです。

侘さん

いつも美味しい一杯をありがとうございます。
帰りの車の中でなぜかパクチーの味が口の中に・・・。
恐るべし天敵パクチーめ(泣。
まはろ | 2009/12/08 4:25 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://srg-aruki.jugem.jp/trackback/215
この記事に対するトラックバック
蕎麦好きには堪らないラーメン、ってなんか変でしょう!? 自家製麺、無添加、魚介系鶏白湯、ここまでなら他にもあるかもしれません。 この麺が蕎麦のようなラーメンのような、確かにラーメンなんだけど歯応えと喉越しがいい麺なのです。 美味しいラーメンを食
らーめん 侘助 | 札幌ラーメンガイドのお気に入り | 2009/12/08 9:38 AM