札幌ラーメンガイドの街歩き

札幌シティガイドが街歩きしながらラーメンを食べ歩きします
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

「高橋」さんで大好きな辛つけを

大(2玉)温盛でいただきました。この美味さ、満足、満足です!!

091201_175709_ed_ed.jpg

辛つけ・大(2玉)温盛  ¥800

つけダレは、濃厚な魚が利いたスープに辛味油を入れて一煮立ちさせています。
この赤さが食欲を一層そそるのです。
麺は極太麺、画像よりもずっと濃い色をしています。
今日は温盛の気分でした。
具材はつけダレの中に、チャーシューよ大きなメンマ。
現在、ご本の指に入る大好きな一杯です。
ご馳走さまでした。

午後6時、36線を暗闇の中、南に向かっています。
昼から迷っていました。
「eiji」さんにしようか、こちらのおみせにしようか・・・。
体が辛さを欲しています。
となるとこちらの辛つけです。

いつも食後に後悔するのです。
2玉にしておけばよかったと・・・。
今日は迷うことなく「大(2玉)」のボタンを押しました。
が、慌ててました、つけ麺のボタンを押してしまいました。
主に「辛つけで」とお願いしなおしました。
快く引き受けてくれた主です。

供された一杯は、麺が綺麗に揃えられています。
見るからに美味そうです。
そしてつけダレ、これが壺に嵌るのです。
濃い魚出汁と辛さの融合ですね。
足し算ではない掛け算の旨さがあるのです。

今日も満足の一杯でした。
魚味が苦手な愛すべき子猫ちゃんがいます。
魚は好きなのに、魚の鍋も食べるのに、魚味のラーメンは嫌いだそうです。
「濃厚」「魚介」がキーワードになって数年経つ札幌のラーメンです。
その中でも確かな一杯は少ないのですが、こちらのお店は確かな一杯です。
子猫ちゃん、あなたにはわかるまい。。。

さて、今日判明したことがひとつ。
こちらのお店では温盛よりも冷盛のほうが好きだということ。
子猫ちゃん然り、自分もよくわかっていなかったのでした、トホホ。

JUGEMテーマ:ラーメン
 

 

豊平区 | permalink | comments(5) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

子オヤジな自分は、未だ「おさかな正油2」にすらたどり着いておりません(泣)
OKラー | 2009/12/01 10:16 PM
ボクはここの店主のラーメンに対する愛情の深さが好きです。
それは高橋さんは札幌のラーメン屋さんの中では、イチバン麺を綺麗に盛り付けているからです。
流れるように、艶やかに。

自分の仕事の確かさを確認しているようですね。
プロの仕事を感じます。





爆食王 | 2009/12/01 10:20 PM
OKラーさん

ベースが同じでも、一杯一杯が違う楽しみを味わえるお店ですね。
もっと訪問回数を増やしたいところです。

爆さん

主の愛情の深さもそうですが、爆さんの愛情の深さも大変なものですね。

食は人なり、
作り手も食べ手も人なり、
ということでしょうか。



まはろ | 2009/12/02 4:28 PM
「人」が「良」くなるから「食」ですからね。(笑)

佳き店は善き客を作り、良き客は好き店を作ります。(親父談)
そういう粋な客になってみたいものです。
まあ、無理でしょうけど。(笑)

爆食王 | 2009/12/02 11:50 PM
爆さん

親父さん、スンバラシイですね。
蕎麦を粋に喰う客のようにラーメンを粋に喰う客を目指しましょう!
まはろ | 2009/12/03 4:15 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://srg-aruki.jugem.jp/trackback/209
この記事に対するトラックバック
煮干が効いた濃厚なスープと歯切れの良い麺との組み合わせは悦楽です。 「むぎや」さんが閉店したときは、あの濃いスープはもう食べれないのか、これからが楽しみだったのにと嘆いたものです。 ところが、以前よりも立地的には決して良くはないこの地にお店を開いて
麺屋 高橋 | 札幌ラーメンガイドのお気に入り | 2009/12/01 9:59 PM