札幌ラーメンガイドの街歩き

札幌シティガイドが街歩きしながらラーメンを食べ歩きします
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

「一路」さんでチャッチャ系の一杯を

味噌ラーメンかと思わせる色ですが正油です。その謎は・・

091130_131745_ed_ed.jpg

一路正油味 ¥730

スープは、白濁スープの上に乳化した背脂が幕を張っています。
味噌のような趣の色合いですが、この下に正油味のスープが待ってます。
麺は中太縮れ麺、シコプリのサッポロ麺です。
具材は、チャーシュー、メンマ、海苔、煮玉子、揚背脂。
湯気の立たない最後まで熱々の一杯でした。
ご馳走さまでした。

JUGEMテーマ:ラーメン
 

正午を回ったところ、北郷通りを厚別西に向かっています。
大谷地まで用事ができたので、ちょっと遠回りして行くことにします。
川下生協を左手に見て「菜々兵衛」さんを我慢して直進します。
小さな橋を越えると、そこは厚別西となります。
山本通の交差点を厚別駅のほうへ左折すると、左手のビルの階段下にこちらのお店があります。
早い話がこの9月1日に突然閉店してしまった「おうぎ屋」さんの跡です。

駐車場に車を停めて暖簾を潜ると、券売機はありません。
中扉を開けると、カウンター席とテーブル席になっています。
「おうぎ屋」さんのときとは少しばかり変わってます。
今度はカウンターから店内が見渡せる所で調理をしています。
やはりこのスタイルの方がいいと思うのは私だけでしょうか。

供された一杯は、味噌のような色でした。
蓮華で表面の脂を押し乗るようにしてスープを飲んでみます。
白濁系の甘めのスープの味がします。
乳化した脂の層が覆っていて、しばらくはこの脂の味がします。
麺はサッポロ麺なので、どうもしっくりきません。
このスープにはストレート麺の方が好みです。

今日はもう誰にも会わないので、テーブルの上の生ニンニクを搾ります。
背脂で打ち消されたのでしょうか、ニンニクが気になりません。
ひとつひとつはおいしいのです。
が、ひとつひとつが「ひとつ」になるなにかが欲しい所です。
つけ麺も味噌も塩もあります。
今後が楽しみですね。
また来ます。

大谷地に着きました。
窓を開け届け物を渡します。
ひとこと謂われます。

「ニンニククセ!」

白石区 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

寒い季節には、なにふりかまわずニンニクのドーピングが必要ですな(笑)
OKラー | 2009/11/30 11:34 PM
OKラーさん

今朝の車の中はドーピングの余韻が残っていました(爆。
まはろ | 2009/12/01 9:28 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://srg-aruki.jugem.jp/trackback/208
この記事に対するトラックバック