札幌ラーメンガイドの街歩き

札幌シティガイドが街歩きしながらラーメンを食べ歩きします
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

「ぶんぶん亭」さんで脂がのった正油を

脂、それともコラーゲン?、表面に膜が張った十勝のラーメンです。

091127_121956_ed_ed.jpg

しょうゆ ¥700

スープは、豚骨、表面には脂とコラーゲンが膜を張っています。
この透明な膜の甘みとスープのしょっぱさが口の中で程よく中和されます。
麺は中細、シコシコしていてけっこう量も多いですね。
具材は、チャーシュー、メンマ、海苔。
豚好き脂好きには堪らない一杯です。
ご馳走さまでした。


JUGEMテーマ:ラーメン

昨日と同じ、菊水で正午を迎えます。
さて、今日は悩むことなくこちらのお店へ向かってきました。
九条橋、九条大橋とばかり言うもんだと思ってたら、「南大橋」という名前だったんですね。
札幌シティガイドはやはり名前だけのようです。
そんなわけで旭山公園通りを走ります。

東屯田通りと石山通の中間くらい、右手にこちらのお店があります。
赤い暖簾が目印になります。
近くには軽中華「香龍」さnがあります。
店前に車を停め、暖簾を潜ると・・・
変則カウンターだけの閑散とした感じがする店内です。
店面積が広いんですね、きっと。

メニューを見ると正油と塩の二種、味噌はありません。
そりゃ十勝を冠にすれば正油一本でもいいかもしれません。
海苔、メンマ、そのあとに限定が続きます。
なぜ限定かよくわからないのですが・・・、とにかく限定メニューが半分あります。

供された一杯は、油膜が張っていて湯気は出ていません。
写真を撮るときには、こちらのほうがありがたかったりして・・・。
麺はサッポロ麺と比べると細め、シコシコはしていますが、プリプリ感は控えめです。
麺が油を引き摺り、口の中でよく噛むとスープと脂と麺がよく混ざり合います。
麺量も多めではないでしょうか。

最後まで熱々の麺をいただきました。
比較的無口の接客です。
これはこれで放っておいてもらえるのでいいのです。
やたら元気のいい接客、心配りが行き届いた接客、マニュアルどおりの接客、厨房が奥まっているので客の顔が見えない接客、客は無視のお喋りが気になる接客、そして口数の少ない接客があります。
旨ければそれでいいのですが、やはり商売としては接客も店内も良いに越したことはないと思うのです。

毎日、いろんなことが勉強になります。
ただ勉強したことはすぐ忘れてしまったりして・・・、小学生の頃からです。

十勝毎日新聞
『病克服し夢再び 市内ラーメン店「ぶんぶん亭」』
2009年02月09日 14時00分

中央区 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

食事は雰囲気も味の一部ですな。
寒空の中、野外で仕事をしてたら「寅の虎」さんの「一の寅」が食べたくなりました(笑)
OKラー | 2009/11/27 5:51 PM
OKラーさん

超特辛ですか?
寒い日=熱い×辛い×脂っこい、ですね。
まはろ | 2009/11/27 8:51 PM
超特辛は、未体験ゾーンです(笑)
OKラー | 2009/11/28 1:17 PM
OKラーさん

思いっきりシバレル日にチャレンジしてみようかな。
次の日のことを考えずに。。。
まはろ | 2009/11/28 6:00 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://srg-aruki.jugem.jp/trackback/205
この記事に対するトラックバック