札幌ラーメンガイドの街歩き

札幌シティガイドが街歩きしながらラーメンを食べ歩きします
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

「まるは」さんで激辛味噌を食べれば

舌の刺激とは裏腹に、汗と鼻水が止まらないほどの辛さなのです。

091223_175853.jpg

限定・激辛味噌 ¥750

スープは、オーソドックスなスープと思われますが、刺激的な辛さが舌を刺します。
スープの色は普通の味噌のようにさえも見えますので、この辛さの正体がわかりません。
麺は縮れ麺です。啜り上げるときにも咽るような辛さではないのです。
具材は、挽肉もやし炒め、チャーシュー、メンマ。
今日はこの辛さに負けました。
ご馳走さまでした。

天皇誕生日です。
天皇誕生日といえば4月29日と摺り込まれてしまっている自分は、未だにこの季節の天皇誕生日はしっくりきません。
もう20年も経つというのにこの有り様です。
所詮昭和の頑固者、昭和の意気地なしです。

とはいえ、今上天皇の誕生日のお祝いの一杯はどちらでいただこうかと考えるのでした。
なに、今年22回目の訪問をしている方がいらっしゃいます。
自分なんか4回目です。
なかなか難しい位置にあるのです、こちらのお店。

平岸から回れば「山嵐」さん、「eiji」さんが行く手を阻み、美園から回れば「彩未」さんが行く手を塞ぎます。
月怎から回れば「佳」さんが行く手にあり、澄川から回れば「ひなた」さん、「シン」さんがあります。
たまに北広島方面からの帰り道には「高橋」さん、「マルニ」さん、「花まる」さんが強固な守備をしているのです。
残るは真駒内方面から攻めるしかないのですが、かなりの遠回りになってしまいます。

ここのところ平岸・美園の各店を攻め落とし、月寒西のお店が休みとなれば、忙中閑ありで西岡に攻め込むのでした。
とかなんとか、しばらくぶりの訪問です。
ボケた頭に喝を入れるべく、激辛味噌にチャレンジしにやってきました。

供された一杯は、辛いです。
この辛さ、スープでまろやかになることもなく、舌の上を耕すかのような刺激です。
食べた直後の辛さはそれほどでもないのですが、三口目から頭に汗、鼻水が出てきます。
ここで咽てはチャレンジャーとしては失格ですから、主と目を合わせないようにしてひたすら口に運びます。

麺をやっつけ、スープに入ったところで、額から鼻筋に汗がしたたり、眼にも汗が入ってきます。
それほど辛さに弱いわけでもありませんが、こんなに汗と鼻水が出たのは久しぶりです。
スープがあと残り1センチのところで、フーッと溜息をついてしまいました。
顔を上げると、主がしてやったりの顔をしています。

参りました。
完飲できずです。
汗を拭きながら主と二言三言。
辛さの正体はハバネロだとか。
主と話している間も、頭から顔から首から背中まで汗が吹き出ます。
もっと辛いのも好きな方がいらっしゃるかもしれませんが、自分の限界を感じたのでした。

再チャレンジ・・・、いや止めておきましょう。
命あってのラーメンですから。

JUGEMテーマ:ラーメン

続きを読む >>
豊平区 | permalink | comments(2) | trackbacks(1) |

「eiji」さんで辛いのを食べれば・・・

これは思いのほか辛くて油断をすると咽そうになるところ堪えましたが・・

091221_184935.jpg

辛いらーめん ¥650

スープは、まず辛い、そして後から来る旨みは・・・煮干です。
麺は中太麺、この麺を啜ろうとすると辛味が一気に鼻に抜けます。
具材は、チャーシュー、メンマ、キャベツ、ジュレ、小葱に長葱が載ります。
ジュレがスープと混ざり合い魚感が出るところがまた憎いのです。
これは辛さがストレートで旨い、お気に入りがまた増えました。
ご馳走さまでした。

ようやく12月らしくなった雪景色の札幌です。
毎年クリスマスはホワイトクリスマスになると決まっているのです。
たとえそれが大雪であろうと、ロマンチックな気分になるのは北国の特権です。
クリスマスなんて関係ない、とは言ってもこの特権を放棄することはないのです。
雪を味方にすれば楽しいもんです。

午後5時半、創成川沿いをまたまた走っています。
信号が変わっても信号を渡り切るまで車が進みません。
いつもより2倍とちょっとかかって平岸街道に辿り着きました。
お店の駐車場は一体どうなってるんだろうと心配しながら裏手に回ります。
ん、普通に除雪してある、こりゃ冬の心配もなくなりました。

お店に入ると前客2名、意外と空いていました。
と、思ったらすぐに満席です。
「そろそろ来るころだと思っていました」と主に言われます。
この台詞、最近あちこちのお店で聞きます。
あ、きっとみんなに言っているのかもしれません。
納得です。

券売機で一番下の右側を押します。
辛いらーめん、辛いつけめん、ソルトンもあります。
全部食べたいところですが、当初の目的の辛いのにします。
トンコツベースの辛さを想定していましたが、見事に裏切られました。
煮干ベースを辛くしたててあります。

この辛いらーめん、啜ると辛さがまともに喉から鼻腔に抜けます
危ないのでスープを先に飲み、口の中を慣らします。
小葱が曲者ですので気をつけなければなりません。
ウッと来ること数回、でも堪えます。
そのうち辛さの後に来る煮干の旨さに惹きつけられます。

その瞬間でした。。。咽ました。無念です。負けました。

ちょっと敗北感を味わいながらリベンジを誓います。
年末の予定をさり気なく聞きます。
29日まで営業で、その後4日間が休みだそうです。

できれば年内にリベンジです。


JUGEMテーマ:ラーメン
続きを読む >>
豊平区 | permalink | comments(2) | trackbacks(1) |

「彩未」さんの味噌で始まる一日は

スープと味噌ダレと麺と具材のバランスは絶妙と言うしかありません。

091218_105835_ed.jpg

味噌 ¥700

スープは、旨みが詰まったコクのあるスープ、味噌ダレのしょっぱさ加減とマッチしています。
麺は森住、シコプリの縮れ麺はスープをよく引き上げてくれるのです。
具材は、チャーシュー、メンマ、炒めもやし、細切れチャーシュー、生姜。
脂っこ過ぎず、しょっぱ過ぎず、柔らか過ぎず、くど過ぎず、言うことなしですね。
もちろん完食完飲です。
ご馳走さまでした。

午前10時半、中の島月寒通りを走っています。
「東山」さん
の前を通り、「心太」さん、「蓮海」さんを通り過ぎ、向かうは美園のこちらのお店です。
店前は並んでいますが、おっ、今暖簾が出たばかりです。
急ぎ、駐車場の2番目に停め、ギャロップで店に向かいます。
カウンターはまだ余裕があります。

着席すると同時に「味噌」とお願いします。
あ、この席の空いていたわけがわかりました。
両隣で新聞を広げているのです。
なんとなく居心地が悪いのです。
せめて二つ折り、できれば四つ折にするなどの心遣いが欲しいものです。

1ローテーションめで、両隣に供されました。
右側は新聞を読むのをやめましたが、左側は新聞読みながら食べます。
妙にこっちに寄ってくるのです。
あ、やっと読むのを止めて食べるのに専念するようです。
おもむろに胡椒と唐辛子をたっぷりかけています。
まぁ好みですから。。。

2ローテーションめで共されました
ふふふ、美味いです。
なにもいうことはありません。
こちらのお店の開店当初は味噌が美味いと思っていました。
ところが進化し、深化した一杯は、正油や塩が美味く感じるのです。
できれば、ハーフラーメンで三味を食い倒したいくらいです。

お、左側の御仁、食べるのが早い、蓮華も使わず丼を抱えて完飲です。
新聞を読むのはさておき、この食いっぷり飲みっぷりは見事です。

自分も蓮華を使わず飲み干そう、、、と思いましたが、細切れチャーシューが残ります。
やっぱり蓮華のお世話になりました。
さっきの御仁、どうやって飲み干したんだろう。。。

こちらのお店で特上の味噌をいただいた後は、今日一日頑張れる気持ちになったのでした。
もう一度、ご馳走さまでした。

JUGEMテーマ:ラーメン

 
続きを読む >>
豊平区 | permalink | comments(4) | trackbacks(1) |

「山嵐」さん、やっぱり白が好き

背脂が浮かぶ白濁スープなのに、すっきりした味わいのある一杯です。

091217_175948_ed.jpg

白・細麺で ¥750

スープは、白濁豚骨スープ、背脂が浮かぶこってりした味わいです。
ところがスープと背脂の相性がよいのでくどさはあまり感じません。
麺は細麺でお願いしました。ちょっとだけスープを吸うこの麺が好きなんです。
具材は、チャーシュー、キャベツ、きくらげ、刻み玉葱、小葱。
ご馳走さまでした。

今夜は「彩未」さん「eiji」さんかこちらのお店にしようと決めていました。
とりあえず、創成川トンネルを潜り抜け、堤防を走っています。
環状通りを左折し、丘を登りきった左手にこちらのお店があります。
駐車場が空いていますので、今夜はこちらのお店にしました。
午後6時、店内に突入です。

券売機の左上、これしかありません。
「白」です。
細麺を食べたいときには券を渡すときに「ホソメンデ」と言います。
この細麺が美味いのです。
固めに茹で上げてくれるのですが、スープをちょっと吸ったくらいが美味いのです。

昔は、背脂も、キャベツも、ストレート麺も、好きではありませんでした。
ところがこちらのお店と「あらとん」さんのおかげでその美味さを知りました。
ラーメンは黄色い縮れ麺でなきゃと思っていたのですが、そんなことはありません。
九州ラーメンはラーメンじゃないとも思っていたものです。
今じゃ、美味けりゃ色や形にはこだわりません。

美味けりゃいいんです、美味けりゃ。
とはいっても、年の所為か濃いのや脂っこいのはダメになってきたはずなのですが・・・。
ついつい美味い店には行ってしまうのです。
結局のところ、卑しいだけなんですが。

今年も残すところ、あと15日。
あと10杯はいけるな。


JUGEMテーマ:ラーメン
 
続きを読む >>
豊平区 | permalink | comments(4) | trackbacks(1) |

「高橋」さんでおさかな醤油オリジンを

おさかな醤油には「濃厚」とライトな「2」がありますが、自分は濃厚派です。

091214_175550.jpg

おさかな醤油(濃厚) ¥750

スープは、煮干が利いた濃厚なスープ、癖になるとはこのスープのことです。
麺は中太麺、スープに負けないしっかりした麺です。
具材は、チャーシュー、メンマ、たっぷりの小葱。
魚出汁好きにとって、少なくとも札幌では無二の美味さです。
ご馳走さまでした。

午後5時半、36線を南に走ります。
36線を南に走るといえば、「佳」さんかこちらおお店です。
今となっては、36線イコールこちらのお店・・・、と言ってはやっぱり言いすぎかもしれません。
お店のある場所は目立ちません。
この時期のこの時間帯、辺りは既に闇に包まれています。

焼肉「毘」さんを左に曲がるとオレンジ色の灯りが目に入ります
目の前の駐車場が空いています。
暖簾を潜り、ドアを押し開けると、見たことある後姿です。
「こんばんは」と一言挨拶をし券売機に向かいます。
挨拶は大事です。

今日は右下のボタンを押します。
カウンターに着き、券を渡します。
カウンターの上には、唐辛子・胡椒・伽哩・大蒜が並んでいます。
今日は試してみようかな・・・とちょっと思います。

供された一杯は、いつもなが期待を裏切らない小葱の量です。
箸で麺を持ち上げ小葱と一緒に口に入れます。
これまた期待を裏切らない、魚の風味たっぷり味わいが口の中に広がります。
ここからは只管啜るのがいつものパターンですが、今夜はちょっと違います。
麺を啜ってはスープを飲み、麺を啜ってはスープを飲み、半分くらいまで減らします。

ここで伽哩をちょっと振りかけてみたかったのです。
伽哩を三振り、オーッ!!、これは伽哩麺になりました。
当たり前ですが、魚味が一気に奥に引っ込みます。
これはこれでいいかも。。。
ただ魚味に飢えてた今夜は、スパイスは無用でした。

食後に主と二言三言。
話題はOBさんの油の話に・・・。
若輩者の自分にはわかりません・・・、これからも・・・。

魚の味わいのする濃厚スープの正油と言えば、やはりこちらのお店をはずすわけにはいきません。
んー、もうちっと近くにあればなー。

JUGEMテーマ:ラーメン

続きを読む >>
豊平区 | permalink | comments(3) | trackbacks(1) |

「eiji」さんで基本三味の醤油を

美味いです。濃厚でもつけBUTOでもありません。基本も美味いのです。

eiji

醤油 ¥700

スープは豚骨の旨みと魚介の旨みがバランスよくミックスされています。
麺は中太麺、一度手で揉んだ麺はシコプリに茹で上がってます。
具材は、チャーシューメンマ、小葱。
スープと出汁を上手く合わせた最良の出来です。
こんなに美味かったんだ!、再確認した一杯でした。
ご馳走さまでした。

午前10時半、11月はフラレ続けたこちらのお店、今日は開店時間目がけて出発です。
平岸街道をちょいと左折し、店の裏にある駐車場に停めます。
すたこら店まで歩いていくと、すでに4人の並び・・・。
後ろに並ぶと同時にオネイサンがお店を開けます。
ジャストのタイミングです。

店内を見渡すと・・・、「ソルトン」の文字がありません。
そんなときは、基本三味の中から選びます。
濃厚魚介系の名店の名を欲しいままにしたこちらのお店ですが、
基本の三味も美味いのです。
三味の中でも正油が好きなのです。

供された一杯は、サラリとしながらも旨みたっぷりのスープです。
そして茹でる前にひと揉みすることで歯応えがよくなるのでした。
脂の旨さではなくスープの旨さがジワーッと口の中に広がります。
麺を啜りながらも、噛むごとに粉の味わいが出てきます。

あらためて手練の良さに感動しました。

美味いなー、濃厚でもなく、つけBUTOでもないけど、これがこちらのお店の美味さかもしれません。
「彩未」さんで味噌、こちらで醤油、「山嵐」さんで白、いつか三連食してやる・・・。
いつか・・・。


JUGEMテーマ:ラーメン

続きを読む >>
豊平区 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) |

「高橋」さんで大好きな辛つけを

大(2玉)温盛でいただきました。この美味さ、満足、満足です!!

091201_175709_ed_ed.jpg

辛つけ・大(2玉)温盛  ¥800

つけダレは、濃厚な魚が利いたスープに辛味油を入れて一煮立ちさせています。
この赤さが食欲を一層そそるのです。
麺は極太麺、画像よりもずっと濃い色をしています。
今日は温盛の気分でした。
具材はつけダレの中に、チャーシューよ大きなメンマ。
現在、ご本の指に入る大好きな一杯です。
ご馳走さまでした。

午後6時、36線を暗闇の中、南に向かっています。
昼から迷っていました。
「eiji」さんにしようか、こちらのおみせにしようか・・・。
体が辛さを欲しています。
となるとこちらの辛つけです。

いつも食後に後悔するのです。
2玉にしておけばよかったと・・・。
今日は迷うことなく「大(2玉)」のボタンを押しました。
が、慌ててました、つけ麺のボタンを押してしまいました。
主に「辛つけで」とお願いしなおしました。
快く引き受けてくれた主です。

供された一杯は、麺が綺麗に揃えられています。
見るからに美味そうです。
そしてつけダレ、これが壺に嵌るのです。
濃い魚出汁と辛さの融合ですね。
足し算ではない掛け算の旨さがあるのです。

今日も満足の一杯でした。
魚味が苦手な愛すべき子猫ちゃんがいます。
魚は好きなのに、魚の鍋も食べるのに、魚味のラーメンは嫌いだそうです。
「濃厚」「魚介」がキーワードになって数年経つ札幌のラーメンです。
その中でも確かな一杯は少ないのですが、こちらのお店は確かな一杯です。
子猫ちゃん、あなたにはわかるまい。。。

さて、今日判明したことがひとつ。
こちらのお店では温盛よりも冷盛のほうが好きだということ。
子猫ちゃん然り、自分もよくわかっていなかったのでした、トホホ。

JUGEMテーマ:ラーメン
 
続きを読む >>
豊平区 | permalink | comments(5) | trackbacks(1) |

「佳」さんの濃〜い一杯で温まる・・

久々の濃厚な一杯に胃も心も満たされました。

091120_110828_ed_ed.jpg

らーめん ¥650

スープは、変わらず濃厚で、舌の上を覆いつくすようなネッパリ感があります。
麺は、自家製ストレート麺、すっかり安定して歯応えよろしく茹で上げてくれます。
具材は、チャーシュー、メンマ、刻み玉葱、小葱、魚粉。
この不動のスタイルこそがこちらのお店の味なのです。
ご馳走さまでした。


JUGEMテーマ:ラーメン
 
続きを読む >>
豊平区 | permalink | comments(2) | trackbacks(1) |

新店「蓮海」さんで鮪豚骨味噌を

濃厚なスープはちょっとしょっぱめ、平打ち縮れ麺がよく絡みます。

091113_112255_ed.jpg

鮪豚骨味噌 ¥750

スープは、背脂の浮く濃厚豚骨、味噌ダレが少ししょっぱめです。
麺はさがみ屋、平打ち縮れ麺?でワシワシと食べます。
具材は、チャーシュー、メンマ、炒め玉葱、岩海苔、キャベツ、揚レンコン。
麺とスープのバランス次第で、今後ますます美味しくなりそうです。
ご馳走さまでした。


JUGEMテーマ:ラーメン
続きを読む >>
豊平区 | permalink | comments(5) | trackbacks(0) |

「高橋」さんの新メニューおさかな正油2を

旧おさかな正油は「濃厚おさかな正油」に、そして「おさかな正油2」の正体とは・・・

091029_174953_ed_ed.jpg

おさかな正油2 ¥700

スープは、従来の濃厚魚スープに出汁を加えて食べやすくなっています。
でもしっかりおさかな正油しています。
麺は変わりありませんが、こういう麺だったのだとあらためて味わうことができました。
具材は、チャーシュー、平たいメンマ、海苔、小葱とネギ。
従来のおさかな正油よりもラーメンらしい一杯に仕上がっています。
これはこれで美味しいのです。
ご馳走さまでした。

JUGEMテーマ:ラーメン
 
続きを読む >>
豊平区 | permalink | comments(3) | trackbacks(1) |