札幌ラーメンガイドの街歩き

札幌シティガイドが街歩きしながらラーメンを食べ歩きします
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

「万雷」さんで旭川なちょび辛を

辛味噌というよりはピリ辛、いえいえやっぱりちょび辛なのです。

091229_184206.jpg

ちょび辛味噌 ¥750

スープは、トンコツこってり、脂は少なめで魚出汁も感じる濃いめの味です。
そこにちょっとだけ辛味を加えた味噌が一番のお気に入りです。
麺は加藤、固めに茹で上げられた麺にスープが絡みつきます。
具材は、チャーシュー、メンマ、もやし炒め煮。
同じ味噌でも札幌の味噌とは一味違う一杯でした。
ご馳走さまでした。

今日は琴似方面で一杯をいただこうと、琴似栄町通りをJR琴似駅前方面へ向かいます。
大型電器店ができたので、旧琴似町を思わせるのはこの一角しかありません。
そしてこの一角にはラーメン店がひしめき合っているのです。
「一平」さん、「てら」さん、「つばさ」さん、「蓮」さん、「ななし」さん、があります。
通りをはさんで、「サスケ」さん、「ぐっさん家」さんもあります。
人謂う「激戦区」です。

が、「ななし」さん完売、「てら」さんも開いていません。
ならば他の店という手もあるのですが、旭川な一杯を今日は食べたいのです。
琴似の「山桃桜」さんは閉店してしまったので、「橙ヤ」さんとiう手もあります。
でも、目的地を発寒へと変えたのです。
正油は「ななし」さん、味噌はこちらのお店のちょび辛が好きなのです。

下手稲通りを手稲に向かい、新道を左手に曲がるとこちらのお店があります。
正油(¥650)から始まり、いろいろとメニュー化されています。
今日は胡麻ラーメンが100円引きでした。
ナイトサービスもあります。
カレーセット、豚丼セット、やわらかチャーシューもあります。
でもこちらではこれ、ちょび辛が好きなのです。

東区にあった頃はよく行っていました。
チャーシューとメンマに特徴はありませんが、やはりスープと麺がよいのです。
手稲前田の「加藤ラーメン」さんに掲げられている「加藤ラーメン歴代家計図」にもこちらおお店が載っています。
この麺、扱いやすいようで油断できない麺ですし、併せるスープも選びます。
加藤の麺を使った旨い一杯に出会うと妙に納得してしまいます。
こちらのお店の一杯もそんな一杯です。

今年もあと3日、明日は食べれないので、今夜がラス前です。
ラストの一杯は、もう決めています。

そういや年明けの一杯は決めていないな・・・。


JUGEMテーマ:ラーメン
 
続きを読む >>
西区 | permalink | comments(2) | trackbacks(1) |

「丸鶏庵」さんで生姜の利いたこく正油を

正油が美味しいお店と聞かれたら、こちらのお店をあげずにはいられません。

091212_175151_ed.jpg

こく正油・大盛 ¥750

スープは、鶏スープに濃い口の正油ダレ、今日は胡椒と豚肉のエキスが滲み出ています。
麺は、歯応えの良いストレート麺、濃い口の味によく合う麺です。
具材は、チャーシュー、メンマ、挽肉もやし炒め、きくらげ、そして針生姜。
プラス50円で大盛にして正解です。
完食完飲、ご馳走さまでした。


午前12時、雨降る中ちょっと遠回りしてこちらのお店に来ました。
まあ混んでいるとは思ったのですが、けっこうな降りの雨ですからもしかしてと思ったのです。
そんな予想は見事にはずれ、路上で社内待ちまで出ています。
さて、どうしようか・・・、琴似辺りで一杯引っ掛ける手もありますが・・・。
一度食べたいと思ったら、やはり食べたいのです。
出直します。

午後5時半、雨は小降りになりました。
山の手通りを西野に向かって走ります。
西札幌病院の少し先、右手にこちらのお店があります。
駐車場には車が停まっていません。
ラッキーです。

暖簾をくぐると案の定、前客ゼロです。
オヤ、厨房に居るのはご主人ではありません。
土日は通し営業、交代の時間でしたか。。。
「こく正油」とオーダーします。
「あ、大盛で」と追加します。
こちらの一杯は美味くて、いつも食べ終わった後に後悔するのでした。
大盛にすればよかったと・・・。

供された一杯は・・・、真っ黒のスープに針生姜、これですこれ!
生姜に飢えてた今日この頃でした。
美味いです。
満足です。
こういうときには多くを語れません、はい。

新しく替えた携帯のカメラ、まだ使い方がよくわかりません。
すべてオートにしているのですが、暗いところではどうも黄色っぽくなってしまうんです。
カウンターの左端の席、この辺り、、、暗いのです。

次回は、大盛ちょっと固めでお願いすることにします、覚えていればですが・・・。

JUGEMテーマ:ラーメン

 
続きを読む >>
西区 | permalink | comments(2) | trackbacks(1) |

「てら」さんの名物、極太にんにんく醤油を

すっかり定着した「極太にんにく醤油」をいただきました。

090928_112707_ed_ed.jpg

午前11時、北24条です。
さて口開けの一杯をこの辺りでいただこうとも思いましたが、このところフラレ続けていたこちらのお店へと向かいます。
昨日と違って同行者は居ません。
心置きなく午前中からニンニクの効いた一杯をいただけます。

北に24条通りを西に向かい、
函館本線の高架を右折し、琴似駅前通のちょっと手前を左折します。
今日は外まで並んでは居ないのを確認して、琴似商店街駐車場に車を停めます。
ここではやる心を抑え店に向かうのですが、足元は調子っぱずれのスキップです。
修行が足りません。

暖簾を潜るとカウンターは置くまでびっしり、と思いきや入り口の2席が空いています。
ここで躓いてこけないようにして、カウンターにスムーズインで着席します。
スタッフと目が合います。
「極太、お願いします」とお頼み申し上げます。
別に謙っている訳ではありません。
永年の願いが今叶うのです。
ま、そんな大袈裟なわけでもないのですが・・・。

そんなこんなで、極太にんにく醤油(¥800)をいただきました。
スープは少なめですが、白濁したスープの味と醤油味が麺を引き立ててくれます。
麺は極太、つけ麺でよく見かける太さの麺です。
具材は、煮もやしと大きめのゴロチャーシュー、です。
つけ麺とは違う麺が旨い個性的な一杯です。
ご馳走さまでした。

二郎系という一杯があります。
やさしい二郎系とでもいいましょうか、小さめの丼にこんもり盛られたもやしと振りかけられてにんにくが二郎系をかもし出しています。
麺を引っ張り出しては食べるのが面倒くさいが、この麺がやはり旨いのです。
若かりし頃しか二郎系を食べたことはないですが、記憶の二郎系よりもずっと食べやすいかと。

それにしても、あとから来る客はみんな極太をオーダーします。
極太、極太チャーシュー+ライス、極太大盛チャーシュー・・・、一見凄いボリュームです。
が、みなさん無言で穿り返して食べています。

すっかり定着した極太メニューと、すっかり琴似に定着したお店となりました。


JUGEMテーマ:ラーメン
 
西区 | permalink | comments(3) | trackbacks(1) |

新発寒の「くら吉」さんにて

広い店内とメニューアレンジは家族向けのお店です。

090927_174557_ed_ed.jpg

手稲前田です。
最寄のラーメン店は「かとう」さんです。
が、シャッターが下りています。
次の候補は、このところフラレ続けている琴似の「てら」さんです。
が、同行者がここにしようと指を指したのがこちらおお店です。

こういう場合は琴似まで行って、
もしフラレたら「だからさっき言ったしょ!」と言われるに決まってます。
人間関係を考えてしまう小心者です。
暖簾を潜ります。
これは広い店内です。
カウンターに小上がりボックス席まであります。
案の定、団体さん、家族連れが次から次へと来店します。
どうやら団体さんの注文と一緒に作るようです。
んー、と唸っても仕方がありません。

そんなこんなで、味噌(¥700)をいただきました。
スープはこってり、白濁スープです。
麺はさがみ屋、もっちりした麺です。
具材は、チャーシュー、メンマ、挽肉もやし炒め、海苔。
こってりしたオーソドックスな一杯です。

濃厚や魚介がメジャーが昨今、一時代前の味だと感じてしまうのでしょうか。
別に古いからどうということはありません。
あっさりした一杯はむしろ懐かしさとともに受け入れられています。
多様性の時代、選択の時代と言われています。
いろいろな一杯を楽しめるのは素直に嬉しいことなのです。
ただ、美味い一杯となると多様性や選択とは関係のないようです。
美味い一杯はいつの時代も普遍なのでしょう。

こんなことを話しかけられながら食べた一杯は・・・、
味気のない一杯となりました。

JUGEMテーマ:ラーメン
西区 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) |

「蓮」さんであっさり塩を

ビルの中から駅前通の路面に移転した蓮さん、開店以来の訪問です。

090926_123358_ed_ed.jpg

琴似のイトーヨーカドーです。
家族の買い物の間の待ち時間です。
待ち時間と言えど有効に使います。
コルテナのTSUTAYAへ行こうか、ラーメンを食べようか迷います。
嘘です、迷いません、ラーメンです。

この界隈、ラーメン店が多いこと多いこと、激戦区と言われています。
激戦区といわれるよりも、琴似ラーメン横丁という名前にして共存を目指すべきです。
「友愛」の世の中ですから、そうしましょうよ・・・。
と言いつつ、押しボタン式信号を渡り、目指すは「てら」さんです。
このところ夜営業までには完売になっており、フラレてばかりです。

でもって昼はどうかといえば、あ〜ぁ、外まで並んでいます。
諦めて並ぼうにも時間の余裕がありません。
さて次の候補はと言うとたくさんあります。
そうだ、開店以来ご無沙汰しているこちらのお店にしました。
なんと「つばさ」さんの並び、「ななし」さんの隣りへの移転です。
移転前のビルの中よりは格段に目立つようになりました。

そんなこんなで、塩(¥650)をいただきました。
蓮塩はスリゴマが入っていますが、こちらはゴマなしです。
スープは、すっきりあっさり、鶏と昆布でしょうか、朝市で出会いそうな味です。
麺は西山、このスープには自己主張しすぎです。
シコプリでない中細麺の腰が弱い麺の方が好きです。
具材は、チャーシュー、きくらげ、ワカメ、なると。
飲み干せる一杯、全ツユです。

お店の看板に無添加の文字が書いてあります。
そういうことです。

そういや「ふくべ」さんも15年くらい行っていません。
今でもあのもやしを食べれるだろうか・・・。

JUGEMテーマ:ラーメン
西区 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) |

「丸鶏庵」さんで懸案のかけ塩を

スープを味わうには塩です、が、やっぱりこく正油が好きです。

090814_111003_ed.jpg

開店時刻の11時にめがけて山の手どおりを走ります。
ちょうど暖簾が出たのと同時に到着、今日は幸先がよろしいようです。
カウンターの左隅、ちょっと薄暗いところに陣取ります。

「かけ塩、お願いします」とオーダーします。
「隠れ塩のかけですね」と確認されます。
そうとも言います、などとは言いません、大人ですから。

そんなこんなで、かけ塩(¥550)をいただきました。
スープは、整った味わいのあるスープで、意外と脂も載っています。
麺は、歯応えのある中太ストレート麺、これがいいんですねぇ。
具材は、挽肉そぼろと葱、細切りの生姜、そしてなんだろ???
麺とスープを味わうにはこれが一番です。
後味サッパリ、ご馳走さまでした。

次から次とやってくるお客さん、味噌、辛味噌肉そば、つや醤油、味噌+味玉・・・、今日はこく正油は人気がないようです。
やっぱりこく正油が一番だよな、と思いながら店を後にしたのでした。

西区 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) |

ひっさしぶりに「山桃桜」さんへ

10年ぶりくらいでしょうか、かなり久しぶりにいただきました。

090813_114707_ed_ed.jpg

お盆休みで、親戚やら旧友からの連絡が毎日のように入ってきます。
だからどうしたというわけでもないのですが、親戚の中の年功序列はいくつになっても生きているのです。
したがって、呼ばれれば行かざるを得ないわけで、今日は琴似にやってきました。
琴似といえば、隙を見てラーメンです。

11時にその隙が表れました。
山の手に向かいます。
目指すは「丸鶏庵」さんのかけ塩です・・・、が、臨時休業の張り紙。
残念、、、どうも相性がイマイチです。
琴似に戻ります。

琴似駅前通に入ると、「とんこく中村屋」さん、旧国道を渡ると「いこい」さん、「さんぱち」さん、「究」さん、裏手に「桑名」さん、そしてこちらのお店があります。
入り口の清楚な雰囲気に誘われて、こちらの暖簾を潜りました。
奥に長いカウンターの奥に座ります。
この界隈のお店、間口が狭い割りに奥行きがあるのです。
屯田兵屋の名残でしょうか・・・、まさかね。

そんなこんなで、とんこつ(¥780)をいただきました。
スープは豚骨白濁スープ、近年の魚介系豚骨白濁スープとは違いストレートな味です。
麺は加藤の麺、これも加藤の麺かというほど細く縮れています。
この麺を固ゆでにすると、これが旨い。
スープと合ってるかどうかはさておき旨い。
具材は、ホロホロ崩れるしょっぱめのチャーシュー、メンマ、なると。
塩気が気になる思い出の一杯でした。

あのスープ、塩気を抑えればもっと好みです。
麺は、薄めのスープで食べてみたい細縮れ麺です。
チャーシューは、しょっぱいけどたっぷり肉を味わえる感じです。
そして価格、10年前と比較してはなりませんが、時の移ろいを感じます。

まだ口の中に塩気が残ってる気がする、気のせいかなぁ???

西区 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) |

7月1日に開店した「虎鉄」さんへ

競馬場の北西側、下手稲通り沿いに開店したお店です。

090712_111232_ed_ed.jpg

エルムトンネルを抜け下手稲通りに入り、競馬場の横を抜け、北二十四条宮の森通りの交差点の角にできたお店です。
駐車場も店前と裏側に20台分くらい用意されています。
営業時間も、11時から深夜1時までの営業です。
さらにカウンター、ボックス、小上がりといたれりつくせりのファミリー向けのお店です。
お子様メニューもあります。
エアコンもガンガン効いています。
白石にも川沿にも、北12条東にもあります。

そんなこんなで、豚ソバ(とんそば)醤油¥800をいただきました。
ネギ増し、メンマ増しは無料です。
手元にクーポン券があったので、煮玉子を追加してもらいます。
ボリューミーな一杯になりました。
スープは豚骨、魚粉と脂と濃いめの味付けに仕上がっています。
麺は中太ストレート麺、しょっぱめのタレに合いますねー。
具材は、チャーシュー、メンマ、煮玉子、もやし、キャベツ、小葱。
ご馳走さまでした。

つけ麺はありません。
北12条東のお店だけが、味付けとメニューが違うようですね。
こちらは豚そばのほかに、中太縮れ麺を使ったメニューもあります。
立地条件申し分なしですので、今後ますます伸びていきそうな気がします。
もう少し熱々だともっと好きになるかも。

さそれにしても、新店、新メニュー、課題が山積です。

西区 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

7日オープンの「ぐっさん家」へ

鶏100%、清湯&白湯のWスープと謳っているお店です。

090710_120523_ed_ed.jpg

JR琴似駅前、ラーメン店がたくさんある所謂「激戦区」の街です。
5588KOTONIの南西側、琴似駅前通から右側に入った小路にあるお店です。
以前は「寶龍」さん、その次は「吉龍」さん、(※コメント参照)、そして今回7日にオープンしたのがこちらのお店です。

店内は内装が綺麗に変えられ、黒を貴重とした落ち着いた内装になっています。
12日迄、三味¥500(通常¥700)です。
看板メニューは塩のようです。

当然、塩をお願いします。
スープは鶏味、思ったよりも脂が多かったです。
麺はさがみ屋、中太縮れ麺です。
具材は、チャーシュー、穂先メンマ、なると。
普通に美味しい一杯でした。
このスープ、辛い味にしたら旨いかもしれない、と思いました。

ふと気がついたのが、「ななし」さんの隣の角地に、ビルの中にあった「蓮」さんが移転していました。
セサミパワーラーメンとか書いてあります。
その他にも「一平」さん「てら」さん「つばさ」さん「サスケ」さんもありますし、「ふくべ」さん「橙や」さんも近くといえば近くです。
角の店の「坦々食堂」さんは中華料理屋さんに変わりました。
この中で、新しいお店として差別化、個性化して頑張って欲しいものです。

あー、「てら」さんにも久しく行ってないなー、そろそろ極太かな!?

西区 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) |

醤油が好きな「ななし」さんへ

札幌で食べれる旭川ラーメン、醤油ならここが一番好きです。

090607_174415_ed_ed.jpg

JR琴似駅前、琴似1条1丁目、昭和の駅前飲み屋街が残る町内会です。
この町内だけでも、「一平」さん、「てら」さん、「蓮」さん、「つばさ」さん、そしてこちらのお店とラーメン店が密集しています。
その他にも焼鳥屋さん、焼肉屋さん、居酒屋さんでもラーメンが味わえた町内会です。
最近、夜の琴似界隈はご無沙汰なので、どうなのでしょうね?

琴似で旭川ラーメンといえば、「山頭火」さん、「橙や」さん、「山桃桜」さん、もあります。
いずれにせよラーメン店が多い地区です。
そんな中でも間を空けると無性に食べたくなるのがこちらのお店の醤油です。
あのスラーサーで切った大振りのチャーシューが醤油スープに浸みて、波打ったころが食べごろなのです。

琴似駅前通から裏手に入った琴似商店街駐車場に車を停め歩きます。
お店で1時間無料駐車券をもらうことができます。
往年の飲み屋街の中を通り、駅前通に出ればこちらのお店があります。
間口が狭く、奥に長ひょろいお店です。
琴似のお店はこのような形態のお店が多いような気がします。
屯田兵村の名残でしょうか。

そんなこんなで、醤油(¥650)をいただきました。
スープは、動物系と魚介系が混ざり合っているのですが、すっきりしたスープのためそのどちらが強く出るといったことのないバランスの良いスープです。
麺は、加藤の中細麺、これがすっきりとしたスープに合って口の中で程よく混ざり合います。
具材は、なんてったってチャーシュー3枚とメンマ、これですこれ。
満足の一杯、ご馳走さまでした。

こちらのお店では決まって醤油ですが、同じ旭川系でも「万雷」さんではちょび辛(味噌)ですし、「さわや」さん「三四郎」さんでは、となるわけです。
旭川ラーメン、久しぶりに食べ歩きたいもんです。

こんな風にチャーシューを薄く大きく切ってくれる店といえば、「チャーシュー一発」(閉店)、「龍華園」(小樽・閉店)がありましたが、今では他にあるのでしょうか?
「時計台ラーメン」さんのジャンボチャーシューは健在なのでしょうか?

好きなときに好きなラーメンを選べるこの街は、やはりラーメン好きには堪らない街でもあります。

西区 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |